グリーンスムージーで痩せるためには活用するためにはいつ飲むのが効果的?

 

『グリーンスムージーっていつ飲むのが効果的なの?』
『飲む時間帯でそんなに効果って変わるもの?』

豊富な栄養素や酵素を手軽に摂取する事が出来るグリーンスムージー
手に入れてみた物のいつ飲むのが効果的なのか?と言う点に悩んでいる方も多いようです

 

 

イメージとしては爽やかな朝日を浴びながらと言った感じかもしれませんが(笑)実際には目的によっておすすめの時間帯は異なります
絶対にいつ飲むのがいい!と言うのは正直ありません
ただ、あなたの目的に合わせて取り入れる事が重要になってきます


グリーンスムージーを飲む目的によって時間帯を考える

 

グリーンスムージーを飲む時間帯で多いのは朝食、夕食に加えて最もカロリー摂取量の多い食事時間の前です
それぞれの時間帯にメリットがありますので自分に合った時間帯を選ぶようにしましょう♪

朝食の場合のメリット

グリーンスムージーを習慣にしている人で最も多いのが朝に取り入れるパターン
忙しい朝でも手軽に作る事が出来るので今まで朝食を抜いていた方もグリーンスムージーを朝食代わりに飲んだりする事が多いようです♪
朝の時間帯にグリーンスムージーを摂取するメリットは大きく2つあります

代謝を上げた状態で1日を過ごせる

酵素を摂取すると
代謝を促進させて痩せやすい体質が作れる(代謝酵素の働き)
消化が促進され宿便や毒素を解消する(消化酵素の働き)
と言う働きが期待できます

 

キレイに痩せる為にはこの2つとも重要になってくるのですが、基礎代謝を上げる代謝酵素の働きをなるべく活発にする事
その為には体内にある酵素の働きをなるべく消化の為に使わなくさせることが大切です
体内の酵素は消化を最優先にして働きますので、消化吸収に負担をかけすぎると代謝活動に酵素が回りにくくなります

 

体内で消化の働きが活発になるのは【補給(摂取と消化の時間帯)…12:00〜20:00】
朝はたいして消化の準備が出来ていないという事になり、朝食をたくさん取るという事は消化酵素を多く使用してしまいます
朝に酵素を補給するということは酵素の無駄使いを減らして、更に体内の酵素の働きを代謝に向かわせる事が出来るというわけです

朝食後は空腹を我慢しやすい

特にダイエットの場合にですが、朝食後は仕事や勉強などの時間になる為、ある程度空腹感があっても食事を摂る事が出来ないので自然と我慢できますよね
その時間を活用する事で自然とカロリー摂取量を少なくする事が出来ます

 

かといって、朝食抜きは集中力の低下などを招くのでグリーンスムージーで栄養は補給するのが◎と言うわけです
注意点は空腹にまかせて昼食を食べすぎない事
昼食は定食ものでご飯は普通盛り以下にし良く咀嚼して食べるようにしましょう♪

活性酸素の発生を防ぐ

グリーンスムージーには多くのビタミン類やポリフェノールが含まれています
これらは紫外線やストレスによって発生する活性酸素(体をさび付かせる働きがある)を防ぐ働きがあります

 

一日の始まりにしっかり上記の様な栄養素を摂取する事で活性酸素の発生を防止する事が出来ます

短期間で痩せる為には夜の置き換えダイエット!ただし注意点も!

朝食時に置き換えやグリーンスムージーをプラスするのは継続する上で効果的ですが
『短期間で痩せたい!!』という人には夜の置き換えがおすすめになります

 

ダイエットは簡単に言うと
ダイエットの結果=【消費カロリー】−【総摂取カロリー】です
最もカロリー摂取が多い時に酵素ドリンクやグリーンスムージーなどを置き換える事ができれば短期間で結果を出す事が出来ます
一般的に、カロリー摂取が最も多いのが夕食なので夜の置き換えが効果的と言うわけです
(夜ではなく昼食のほうが多く食べている方ならお昼の置き換えになります)

 

ただし、短期間のダイエットの精神的なストレスでリバウンドしてしまう事だけは注意しておく必要があります
リバウンドの原因は代謝が落ちているという事もありますが、精神的なストレスでドカ食いしてしまうという事も多いようです

 

短期間のダイエットを行った後はその体重をしっかり三カ月キープする事を目的にしましょう
ダイエットは減量して終わりではなくてその後太らない生活習慣や食生活を習慣にする事がゴールです^^

食べる前にグリーンスムージーを摂取して脂肪の生成を防止♪

朝と夜にほとんどの方がグリーンスムージーを取り入れると思いますが、ちょっと視点を変えてお勧めしたいのが食事の30分ほど前にスムージーを飲む習慣

 

グリーンスムージーに多く含まれている食物繊維は腸内をキレイにする働きやコレステロール値を正常にする働きなどたくさんのメリットがありますが、血糖値の上昇を緩やかにする働きもあります
私たちは食事を摂ると血糖値が上昇し、体内でインシュリン(血糖値をコントロールする)と呼ばれるホルモンが分泌されます
インシュリンは脂肪を生成する働きもありますので早食いや糖質が多い食事は血糖値の急激な上昇を引き起こして脂肪が生成されやすくなります

 

グリーンスムージーなどの食物繊維を食べる前に摂取する事で血糖値の上昇を緩やかにしインシュリンの分泌を抑制する事が出来ます
おすすめは食べる30分ほど前でグリーンスムージーを摂取する事で物理的に食べ過ぎを防ぐこともメリット

 

『グリーンスムージーをいつ摂取するのが効果的?』
と言う疑問に対しては正直いつがベストと言うのはありません

 

 

答えになっていないかもしれませんが、その人に合った取り入れ方があると言う事です
また、一番大切なのは【継続できる取り入れ方をする事】ですが、主な取り入れ方は上記に挙げた3パターンですので自分が一番ベストと思う方法で習慣化を目指しましょう♪


 

関連ページ

多くのモデルが愛用するスムージーとは?
大好きなモデルさんや女優さんが愛用している事がキッカケで健康食品やダイエット方法を真似する方は多いと思います。グリーンスムージーも多くのモデルさんや女優さんが愛用する商品があるようですね
粉末?それとも自家製?
グリーンスムージーを始めるとなると自家製で作るのか粉末タイプを活用するのかが気になりますよね…それぞれのメリットとデメリットを比較してみました
スムージーダイエットは我慢が必要?
グリーンスムージーを使ったダイエットは我慢が必要?つらいダイエットは苦手…という方にスムージーを活用したダイエットは好まれているんです^^
クロロフィルとは?
グリーンスムージーが良いとされているはクロロフィルと呼ばれる葉緑素が大きく関わっています。クロロフィルの力とは?その魅力に迫ってみました
好転反応について
グリーンスムージーを飲むと良く起きるのが好転反応…あなたのその不調は好転反応ではありませんか?
ダイエット以外の効果とは?
グリーンスムージーはダイエット目的だけで活用するのはもったいない!美容や健康習慣として取り組む方が多くなっています♪
味覚、嗜好が変化?
グリーンスムージーを習慣にしていると味覚や歯垢が変化すると言われています。いったいどのように変化するのでしょうか?
どれくらいで効果が出る?
美容やダイエットの為にグリーンスムージーを検討されている方が気になるのは効果が出るまでの期間だと思います。多くの方はどれくらいで効果を感じているのでしょうか?
スムージーの注意点とは?
グリーンスムージーをダイエットや美容目的で取り入れる際の注意点をまとめてみました♪正しい活用方法で効果的に取り入れましょう