女性の妊活にグリーンスムージーが効果的な4つの理由

晩婚化や草食系男子が増える中、妊活に注目が集まっています
妊活とは妊娠しやすい体作りの事

 

女性は30歳を超えるころになると妊娠する確率が落ちて来て35歳以上でいわゆる高齢出産と言われます
健康な体を持つ30歳前後の女性が妊娠の排卵日前後に合わせて性行為をしても妊娠する確率は20%〜30%とされています

 

女性の社会進出などもあって20代後半から30代後半までの女性が妊娠の準備をすると言うのが現代の妊活ブームを作り出しているのだと思います
芸能ニュースでも妊娠が無理だと思うような年代で高齢出産されている方がいるのも頑張れば妊娠できる!と言う夢を与えているのかもしれません
最近では芸人の森三中の大島さん(34歳)が妊活の為に休業された事もあって話題になりました

 

妊活とは簡単に言うと健康的な食生活、生活習慣を送る事
また、体温が高い時の方が妊娠する可能性がある為、体を冷やさない事や卵子の老化を防ぐために抗酸化作用が高い栄養素を摂取する事も大事になってきます
適度なエクササイズと食事の栄養管理や肥満気味の方はダイエットなどが必要になるのですが、妊活にグリーンスムージーがお勧めなのはご存知ですか^^


グリーンスムージーが妊活におすすめなワケ

 

グリーンスムージーやダイエット、美容、健康のために人気のローフードです
ローフードとは加熱処理をされていない食品の事で食べ物本来の酵素やビタミン、ミネラルを効率よく摂取出来るのがメリット
日本に昔からある青汁なんかも代表的なローフードですね^^

 

グリーンスムージーが妊活におすすめできるポイントは

普段の食生活では摂取しずらい栄養素

妊活には普段の食生活では摂取しずらい栄養素である亜鉛(女性ホルモンの分泌を促す)、鉄分(子宮の状態を良くする)、葉酸(胎児の脳障害を防ぐ)などを摂取する必要があります
特に葉酸は2002年から厚生省の呼びかけによって母子手帳にも追記されるようになりました
葉酸は胎児の先天性の二分脊椎、無脳症と言った神経管閉鎖障害と言った病気のリスクを下げる働きがあるからです
グリーンスムージーには鉄分や亜鉛が豊富に含まれており、最近は葉酸入りのグリーンスムージーなども発売されています

卵子の老化を防ぐ抗酸化物質

高齢になるにつれて卵子の働きが弱くなることも妊娠しにくい理由になります
卵子の老化を進めてしまうのが活性酸素
グリーンスムージーに含まれているビタミン、ミネラルなどの抗酸化作用が高い栄養素(クロロフィル、ポリフェノール類)で活性酸素に強い体質作りをする事が肝心なんです

便秘を解消

女性に多い便秘は不妊になる理由の一つでもあります
便秘になる事によって老廃物がたまったり、血行不良で冷え性になると子宮、卵巣には悪影響
グリーンスムージーには不溶性と水溶性の食物繊維が豊富に含まれています
この2つの食物繊維を同時に摂取する事によって効率よく便秘を解消できます

血糖値の急激な上昇を防ぐ

私たちは食事を摂ると血糖値が上昇しますが、血糖値の上昇が急激だと肥満になるだけでなくホルモンバランスが崩れる可能性があります
グリーンスムージーに含まれている食物繊維は食前などに摂取する事によって急激な血糖値の上昇を防ぐ事が出来ます
肥満を解消する事も妊活の手段の一つですので一石二鳥ですね

 

他にも健康的な体になる為に必要なビタミン、ミネラルなどをグリーンスムージーは豊富に含んでいます♪

グリーンスムージーに豆乳をプラスするのがおすすめのアレンジ♪

 

グリーンスムージーだけでも妊娠しやすい体作りの助けになりますが、さらにおすすめなのが豆乳などのタンパク質をプラスするアレンジ
タンパク質は人間の三大栄養素と言われ体内組織の20%を占めています
タンパク質は筋肉・皮膚・髪やホルモン・免疫体など体の重要な要素を構成していて妊活時にも欠かせない栄養素なんです

 

グリーンスムージーにはタンパク質はあまり含まれていない為、他の食事などで摂取する必要がありますが、豆乳をグリーンスムージーで割る事でタンパク質も同時に摂取できます
また、豆乳に含まれている大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをする為、妊活におすすめの栄養素なんです

 

後は体を暖める作用があるショウガなどもスムージーとの味の相性も良くておすすめのアレンジ方法

 

忙しい毎日の中で妊活に取り組むためには手軽に補給できるグリーンスムージーなどを活用する事も大事ですね^^