夏バテ防止解消にはグリーンスムージーがおすすめ

 

毎年、夏場になると体がだるくなったり、下痢や頭痛などの夏バテに悩まされている方も多いと思います
夏バテは仕事の生産性を落としますし、せっかくの遊びの予定があっても楽しさを半減させてしまいますよね

 

夏バテの症状は様々ですが、特に全身の疲労感、イライラ、むくみ、倦怠感、熱、食欲不振、モチベーションの低下、下痢、便秘などは活力のある毎日を奪います
食欲不振や下痢などで食事内容が悪くなり、余計に体力を落としてしまうという負のスパイラルも夏バテのややこしいところです

 

夏バテといは無縁の体になる為には食生活や生活習慣が大切になってきます
特に夏場には多くの汗をかきますので、ビタミン、ミネラルの摂取は欠かせません

 

そんな時にグリーンスムージー習慣が役立つんです^^


夏バテの原因とグリーンスムージーの効果

夏バテを引き起こすポイントはたくさんありますが、特に多い原因としては

脱水症状によるもの

夏は当然多くの汗をかきます
水分補給や栄養をいつもよりも多く補給しておかないと、汗によって体内の水分やミネラルが流れ出て体内に不足した状態が続いてしまいます
多くの汗が出ることによって脱水症状を引き起こします
脱水症状が長く続くと日々のモチベーションに影響が出たり、食欲不振につながります
汗が出る事で体に必要な栄養素も排出されていると認識してミネラル、ビタミンなどは多めに摂取する事

内臓冷えによる食欲低下

夏になるとどうしても冷たい物をたくさん食べたくなってしまいますよね
また、食欲の低下によって栄養バランスが乱れてしまうことも多々あります
冷たい物中心の食事によって内臓が冷えてしまって余計に食欲がなくなります
夏場は冷え性とは無縁と思われているかもしれませんが、最も内臓が冷えやすい季節です
冷房なども内臓が冷える原因になりますので、食事や温度のコントロールには気を付けましょう
冷たい飲み物ばかり飲むのではなくて常温やホットの飲み物も混ぜる事が大切

寒暖差で自律神経が乱れる

多くの方の夏バテの原因となっているのが冷房
冷房がガンガン効いた室内と暑い室外を出たり入ったりする事によって自律神経が乱れて体温調節が上手くできなくなる事があります
自律神経の乱れは倦怠感、便秘、下痢、疲れやすい、睡眠不足、ホルモンバランスが乱れなどの症状を引き起こす原因となります
冷房が強いと感じる方は温度管理が出来る上着を持ち歩きましょう

 

毎日、一杯のグリーンスムージーが夏バテを予防解消♪

 

グリーンスムージーには夏バテに効果的とされている多くの栄養素を一度に摂取できます
夏バテ解消の食べ物としてはうなぎ、オクラ、納豆などの食べ物も当然効果的ですが、毎日食べる事は難しかったりします
グリーンスムージーは水分からビタミン、ミネラル、カルシウムなどの栄養素を手軽に摂取できる為、非常に効率よく栄養補給が出来ます
粉末タイプのグリーンスムージーであれば忙しい朝でもランチタイムでもサッと作る事が出来ますからね^^

 

夏バテ防止に役立つ栄養素であるビタミンD、E、B1、カリウム、カロテン、マグネシウムが一杯のグリーンスムージーから摂取できます
また、レモンに含まれているクエン酸も疲労回復に良いのでレモン果汁などを加えるとさらに◎

 

更に、グリーンスムージーには食物繊維が豊富に配合されており、腸内環境を整えてくれます
免疫細胞の多くが集約されている腸内環境を整える事で免疫がアップして、夏風邪予防につながります

 

逆に夏場に摂りすぎないようにしたいのがカフェインを含む飲み物です
実はカフェインはビタミン、ミネラルを体外に出してしまう働きがあるんです

 

夏バテはちょっとした栄養補給によって予防解消する事が出来ますが、一度かかってしまうと厄介だったりします
普段の食生活にグリーンスムージーをプラスするのであれば手軽に取り入れる事が出来ますね^^