スムージーは体内の化学物質を排除してくれる?その理由とは?

 

『グリーンスムージーにはどんな健康のメリットがあるの?』

 

グリーンスムージーは置き換えダイエットや断食などに活用する事だけがメリットではありません
習慣にする事によってたくさんの健康的なメリットがあります

 

その一つが【体内に化学物質を排出する】と言う働きです
グリーンスムージーに含まれている食物繊維の働きによって、環境ホルモンなどの体に有毒な化学物質の排出をサポートしれくれるんです

環境ホルモンって何?

環境ホルモンは私たち人間のホルモンと似た構造をしており、正常なホルモンの働きをかく乱させるリスクがあるホルモン
有名な物で言うとダイオキシン、農薬など
地球上で生活する上で私たちはこの環境ホルモンの影響を受けていると言われています
環境ホルモンを摂取する事によって危惧されるリスクは情緒機能障害、子宮への悪影響、生殖器障害、精子の減少、乳がんのリスクなど多岐にわたります
特にこれから生まれてくる世代への影響が大きい事が心配な点ですよね
厄介なのは一度体内に入り込むとなかなか排せつされない事にあります

体外に排出されるまでに10年もかかる?

通常、私たちは食べ物を消化、吸収し、排せつすると言うのが一連の流れになっています
しかし、環境ホルモンは体外に排出されるまで非常に長い期間がかかってしまい、通常だと5年程度、長い場合だと10年ほどかかるとも言われています
当然、その間も環境ホルモンが新たに体内に入る可能性もありますよね…

 

市販の野菜には農薬が使用されているものもあり、調理方法や食材の質によってはたくさんの農薬を摂取してしまう可能性も
野菜や果物は皮の部分に多く栄養が含まれているのですが、同じく農薬も皮に多く付着しています

食物繊維とクロロフィルが環境ホルモンの排出を助ける♪

放置していると体外に出る為に何年もかかる環境ホルモン
しかし、グリーンスムージーを習慣にする事で排出するまでの時間短縮が期待できるんです♪
その理由はグリーンスムージーに配合されるクロロフィル(葉緑素)、食物繊維にあります

 

何らかの事情で体内に入った有毒物質は小腸で吸収されて血液に溶け出して全身に行きわたります
その時に肝臓などの臓器や脂肪として蓄積され何年間も排出されずにとどまっています

 

厄介なのが血液は一か所にとどまるわけではありませんので、血液にのった化学物質が全身を巡っている状態になります
有害物質が全身を回っている最中にも更なる有毒物質が吸収されていて更に体内に溜まっていくワケです

 

こういった流れをクロロフィルと食物繊維は断ち切ってくれます
これらは十二指腸から小腸の流れで有毒物質に付着し大腸へ進み便として排出を促進します
つまり、体内を巡っている有毒物質を途中でキャッチする働きがあると言うわけです♪

 

グリーンスムージー以外にも食物繊維、クロロフィルを取り入れる方法はありますが、ミネラル、ビタミン、カルシウムなどの栄養や酵素も同時に摂取できるので一石何鳥にもなりますね♪