子供の野菜嫌いの原因とおすすめの解決策とは?

 

『うちの子が野菜嫌いで心配…』
『料理が苦手で子供に上手く野菜を食べさせてあげられない…』

 

野菜嫌いのお子さんがいる家庭の親御さんは子供の健康が心配ですよね…
でも、無理やり食べさそうとしても余計に嫌いなってしまう可能性があります
小さなころの食生活は成長に大きな影響を与えますので特にお子さんの野菜嫌いは心配ですよね

 

そこで、お子さんが野菜嫌いになる原因とおすすめの野菜不足解消食品をご紹介します^^


野菜嫌の原因とお子さんでも取り入れやすい健康食品とは?

まずは根本的になぜ野菜嫌いになっているのか?を知る必要があります
お子さんが野菜嫌いになる代表的な原因は3つ

親の都合

そもそも親御さん野菜嫌いというパターンは意外と多くあります
小さなお子さんと大人と比べると取らなければいけない栄養素に違う点はありますが、子供は親の様子をよく見ています
その野菜が本当に嫌いというより食べなければいけない理由が無いので食べず嫌いになってしまっている場合があります

 

食べたことが無い状態でさらに学校などの友達がその野菜を毛嫌いしているとさらに食わず嫌いが加速します
そんなお子さんには野菜の絵本やアニメを見せてイメージを取ってあげたり、親御さんが率先して美味しそうに食べてあげましょう

トラウマ

野菜自体の味が問題ではなく野菜にトラウマがある場合がこのパターン
例えば
・学校内で野菜が食べれない事が理由でいじめられた
・体調を崩している時にたまたまその野菜を食べて吐いた記憶によるもの
・厳しくしつけをされて野菜を見ると思い出す
など

 

そんなお子さんには無理強いせず、他の食品で栄養を補うことが出来ないのか?
を考えてみたり、見た目を変えて野菜の形が分からないようにしましょう

味覚の違い

大人になるにつれて嗜好が変わり好きな物が変わったりしますよね
苦みや、渋みなどの味が強い野菜は子供の嗜好にあっていないと言われています
子供の味覚は大人の2倍敏感と言われており、刺激が強い味(すっぱさや苦さ)はもともと苦手で甘みが強い物が好きな傾向があります

 

その原因は味蕾(みらい)と呼ばれる下の中にある味のセンサー
子供のころに多くある味蕾は30代から40代になると3分の1程度まで減少します
他にも味は本能的に好む味と知識や経験を得て好むようになる味があり、本能的には苦みやすっぱさは毒や腐敗をイメージさせる味なので食べにくい物と判断しやすいのです

野菜嫌いの子供におすすめなのはグリーンスムージー

野菜不足の解消に人気があるのは青汁などの健康食品ですが、お子さんには味のハードルが高いですよね…
そこでおすすめなのがグリーンスムージです

 

グリーンスムージーは【葉野菜+果物+水】でできているローフード
もともと、ダイエットや美容のために飲む方が多い食品ですが、日本の青汁にフルーツを混ぜた物と同じです
グリーンスムージーなら非常に飲みやすい上に不足しがちな食物繊維、ビタミン、ミネラル、カルシウムなども豊富で野菜嫌いのお子さんでも美味しく飲めると思います♪

 

実際に親御さんが飲んでいたグリーンスムージーをお子さんが飲んで好きになったと言う話も多く聞きますので野菜嫌いを解消する手助けになっている家庭は多くあるようですね

 

当然、野菜嫌いの元になっている原因を解決する事が一番大切で普通に野菜を食べるようになることが理想ですが、それにはある程度時間がかかります
その間だけでもグリーンスムージーを活用してお子さんの健康を考えてあげてみてはいかがでしょうか