身近にあって手軽に摂取できるおすすめローフードとは?

 

『手軽に食べる事が出来るおすすめのローフードって?』
『スムージーやジュース以外のローフードは?』
『ローフードの定義って何?』

 

酵素や栄養素を余すことなく摂取できる事が最大のメリットであるローフード
海外セレブや日本でも多くの有名人が注目し実践していますよね

 

でも、イメージーとしては手間がかかってしまったり、都会でないとローフードを扱うレストランが少なかったりして意外と身近に感じていない方もいらっしゃるかもしれません
ですが、実は私たちの身の回りにたくさんのローフードはあるものです^^


実は身近にあった【日本式ローフード】とは?

 

生の野菜や魚、肉などから多く摂取できる酵素
ここ最近注目されている人間の体内活動に必須のタンパク質ですよね^^

 

みなさんは酵素を多く配合している食品と言えば何をイメージされるでしょうか?
グリーンスムージー、酵素ドリンク、フレッシュ野菜ジュースなどをイメージされる方も多いのではないでしょうか
雑誌やTVでよく見るそれらの健康食品には確かに非常に多くの酵素が配合されていて、手軽に摂取できるメリットがあります

 

ただ、普段の生活でもちょっと意識することでローフードと呼ばれる食品を多く食べる事が出来るんです^^

ローフードの定義とは?そのメリットとは?

ローフード(英語:raw food)とは、加工されていない生の食材を用いた食品、あるいは食材を極力生で摂取する食生活(ローフーディズム)のことである。リビングフード (英語:living food)とも呼ばれる
(Wikipedia参照)

 

つまり、加熱処理や加工をされていない食品を摂取することで食材本来の栄養素や酵素を壊さずに補給できるワケです
特に現代人は酵素不足と言われています
酵素は代謝や免疫、毒素排出などを促進する【代謝酵素】と消火活動を促進する【消化酵素】があります

 

基本的に酵素の活動の優先順位は消化からですので、暴飲暴食などを繰り返すと消化にばかり酵素が使用されてしまい、代謝がうまく行われません
また、酵素は熱に弱い性質を持っているため加工食品は加熱処理をされたものばかり食べていると十分に酵素を補給することが出来ないんです

 

その為、ローフードと呼ばれる酵素をそのまま摂取できる食品が注目されているワケです
体内に酵素が十分に行き渡っていると基礎代謝が良くなり、太りにくく痩せやすい体質になる上に腸内環境も改善されて美肌効果も期待できます

身近にある日本式ローフードって?

ローフードというとどうしても海外から来たおしゃれな食品というイメージですが、日本でも当たり前の様に食べられている事に気付いてますでしょうか
たとえば発酵食品、ローフードの代表的な発酵食品のキャベツのピクルスなどの漬物です
日本でも当たり前の様に食べられている漬物は日本版ローフードというわけですね^^
漬物に関しては塩分が多いため、浅漬けにしたり、量に気を付ける必要がありますが、どこにでも売っている手軽なローフード

 

あと忘れはいけないのが刺身などの生魚です
ローフードというと野菜や果物のイメージがあるかもしれませんが、ローフードの概念では生の肉や魚も入っています
管理人の勝手なイメージかもしれませんが、居酒屋などで魚系の食品が好きだったり、生のお肉や刺身が好きな方ってスリムなイメージがあります

 

和食には他にも味噌汁、おひたし、豆腐などたくさんのローフードがあります
また、戦後の食糧危機を救ったと言われている青汁も非常に多くの食物繊維や酵素を含んでいる健康食品
日本人が肥満に悩まされてきたのは食の欧米化によってファストフードや加工食品などが増えてきてからだと言われています
そもそも私たちの祖先はローフードを実践してきているんですね^^

 

グリーンスムージーやフレッシュ野菜ジュースなどで手軽に酵素を補給するのもいいですが、一度普段の食生活も見直されてみてはいかがでしょうか?