太らない生活習慣のポイントとは?生活習慣改善で痩せる!

 

『痩せている人の生活習慣が知りたい』
『食事制限とエクササイズ以外にダイエットで必要なことは?』
『太りにくい習慣を癖づけたい』

 

太ったり、痩せたりの繰り返しやそもそもダイエットに失敗してばかりの人は新しいダイエット方法を見つける事もいいのですが、普段の生活習慣や癖に目を付けた方が良いかもしれません

 

急がば回れというようにダイエットを成功させる為に生活習慣を強制する方が早いかもしれません


太りにくい体質に変える為に必要なポイントとは?

ながら食べ

ながら食べとは読んで字のごとく食事だけに集中しておらず何かをしながら食事を摂っている事です
現代人のほとんどはながら食べをしているのではないでしょうか
ながら食べが太りやすい理由として以下の様に研究された結果があります

【TVを見ながら食事する子供は、見ない子どもと比較して228キロカロリー余分に摂取している】
(参照:ロイター カナダのトロント大学による調査結果)
【ゲームをしながら食事したグループに1時間後クッキーを与えたらところ、食事に集中したグループの2倍の量を食べた】
(参照:イギリスのブリストル大学による調査結果)

食事に集中していない事で必要以上に量を食べてしまうというのは心当たりがある方も多いのではないでしょうか
何となく食べる事をやめるだけでもダイエット効果があるかもしれませんね

毎日の入浴

ダイエットや美容に効果的な半身浴や反復浴はしっかり実践できれば一回につき90kcalも消費されます
一か月間毎日しっかりお風呂に入れば2,700kcalも消費されるというわけです
ウォーキングに換算すると15時間程度の効果があります(体重が50s前後の方の場合)
また、体内の血液の巡りも良くなるので基礎代謝アップにもつながります
毎日湯船にお湯を溜めて入るのはめんどう…という方もいらっしゃるかもしれませんが、ソファでダラダラ過ごすのであれば防水ケースをかってスマホを湯船でみながらダラダラしてダイエット効果を得る方が良いと思いませんか?

特売品の買いだめ

節約のために買いだめをすることは決して悪い事ではありません
しかし、不必要な物も買いだめしていませんか?
例えばつまみ食いをしてしまいがちな菓子パン、惣菜などの調理が不要な食品やお菓子類です
それらは良く特売品として並んでいますが、当然栄養価が低くてカロリーが非常に高いですよね…
たまにはお菓子も良いと思いますが、買いだめをすることによって常にお家にある状態にはなっていないでしょうか
買いだめをするのであれば調理が必要な食材だけにしておきましょう♪
ちょっとお腹が減っても調理が必要な場合はめんどうになって食べない場合もありますから

食べる時間帯

食事の時間帯が大切なのは誰もが知っている事だと思いますが、ちょっとくらいと思って深夜に食事を摂っていませんか
特に忙しい社会人の方は食事時間が遅くなりがちです
夜遅くの食事は消費したカロリーがその後の活動で消費されきらずに脂肪として蓄積されやすい(寝るだけの場合がほとんどだから)だけでなくBMAL1(ビーマルワン)と呼ばれる脂肪を蓄える働きのあるタンパク質が昼間より多く分泌されているため太りやすくなります
夜の食事量と朝の食事量を入れ替えるだけでもダイエットに成功したという方もいらっしゃるくらい夜遅くの食事は太りやすいんです

 

 

太りにくい体質に変えるためにはカロリーだけにこだわっていてはいけません
自分の生活習慣を一度見直して太りやすくなる原因を探ってみたいですね^^