睡眠不足は肥満のもと?体重と睡眠との関係とは?

 

『睡眠と体重の関係って?』
『なんで睡眠不足になると肥満になりやすいの?』
『最近忙しくて睡眠不足だから太ったのかな?』

 

ダイエットの為に必要な生活習慣は食事やエクササイズだけではありません
入浴や睡眠も体重の増減にかかわってる一つ
睡眠不足は体に悪いだけでなく肥満につながるというのは聞かれた事があるかもしれません

 

睡眠不足と肥満の関係をリサーチしてみました


睡眠不足で太ってしまう4つの原因とは?

ストレスによる過食

睡眠不足のストレスからストレスのはけ口として食に走ってしまう
単純な話ですが、睡眠は人間の三大欲求ですよね
その欲求が満たされていない時は他の欲求で満たそうとするのが人間の本能です

 

睡眠が十分に取れない日が続くとついつい甘いものが欲しくなってしまったり、高カロリーな食事を摂りたくなるという経験をされた方も多いんではないでしょうか?
また、睡眠不足で集中力が低下することで仕事のミスが増えてしまい、更なるストレスを生み出す可能性もあります

基礎代謝の低下

睡眠中の人間の体内では筋肉がゆるみ血液が全身を巡っています
睡眠不足になるとそれらの巡りにかかる時間が短くなり、結果血行が悪くなってしまいます
その為、基礎代謝を促す酸素が体内に十分に運ばれません
結果、冷え性になってしまったり、基礎代謝が落ちてしまうというわけです
基礎代謝が低下するということは毎日消費されるカロリーが少なくなるということ
加齢や暴飲暴食などが加わると余計に太りやすくなってしまいます

食欲増進ホルモンの分泌量増加

睡眠不足が体に与える影響は多くの大学や研究機関で研究されています
中でも肥満の原因として分かっている事は食欲を増進させる【グレリン】と呼ばれるホルモンの増加です

 

グレリンは胃から分泌されるホルモンで主に食欲を増進させたり、成長ホルモンの分泌を促進します
グレリンが分泌さることで栄養が足りていても食欲が増え。必要以上に食べ過ぎてしまうというわけです

食欲抑制ホルモンの分泌量減少

また、逆に私たちの体内では食欲を抑えるホルモンがあり、それを【レプチン】と言います
睡眠不足が続くと体内からレプチンが減少し、食欲に抑えが効きにくくなります

 

睡眠不足が肥満につながる原因は主にこの4つからなります
しっかり原因を理解して睡眠を出来るだけ取る工夫をしたいですね

理想的な睡眠時間とは?

『睡眠時間って多く寝るほどいいの?』
『私は毎日10時間は寝ているから大丈夫よね♪』
と思われる方もいらっしゃると思います

 

しかし、理想的な睡眠時間は少なすぎても多すぎてもいけません
アメリカの肥満率の調査によると

睡眠時間が6時間未満は33%、7〜8時間22%、9時間以上26%

という研究結果が報告されています
寝すぎても肥満になる可能性が高くなるというわけです

 

ダイエットの為の理想的な睡眠時間は7時間〜8時間程度
というのを参考に毎日の睡眠を摂ってみてはいかがでしょうか?

 

後は、睡眠を取る時間帯も大切
成長ホルモンが多く分泌されるゴールデンタイム(夜の10時〜夜中の3時くらい)に寝る事は肌のターンオーバーを促進します
美容の為にもダイエットの為にも睡眠時間は大切にしたいですね♪

合わせて読みたい記事