便通改善にはグリーンスムージーが効果的?そのワケとは?

 

『ポッコリお腹を解消したい…』
『便秘気味で肌荒れがひどい…』

 

便秘を解消するだけで体重が3sも減った!なんて方も珍しくありません
便秘を解消することでポッコリお腹も解消できますし、腸内環境が良くなり美肌効果も得る事が出来ますよね♪

 

ダイエットの食事制限は失敗してしまうと便秘になる方も多いので注意が必要
そんな時におすすめなのがグリーンスムージーなんです^^

グリーンスムージーが便秘改善に良い4つのポイント

2つの食物繊維をバランスよく配合

便通改善には食物繊維が欠かせないと言われますが、大切なのは不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方をバランスよく摂取すること
グリーンスムージーは2つの食物繊維を手軽に摂取♪
とにかく食物繊維が必要と思ってがむしゃらに野菜をとってもあまり効果的ではありません
グリーンスムージーは2つの食物繊維をバランスよく摂取し便通改善に働きかけてくれます

ビタミンC

グリーンスムージーの材料として良く使用される緑黄色野菜やイチゴ、レモンなどの果物には多くのビタミンCが含まれています
ビタミンCは美肌効果のある栄養素として認知されていますが、実は腸内の善玉菌を増やす働きも持っています
乳酸菌の栄養素にもなるビタミンCを多く摂取することで腸の蠕動運動を活発にし便通改善に働きかけてくれるというわけです

蠕動(ぜんどう)運動とは?

消化管を中心とした臓器の収縮運動を蠕動運動と言います
食事などで摂取した内容物を移動させ、食道から直腸までの運動を指しています
蠕動運動は自律神経によって動かされているので自分で調整することはありません
食事やエクササイズなどの刺激をによって活発になります
また、加齢などにより胃の蠕動運動が低下すると、消化に時間がかかるため胃もたれや胸やけの原因になったり
大腸の蠕動運動が低下すると便秘になりやすくなります

クエン酸

グレープフルーツ、レモン、イチゴ、キウイ、アセロラ、パイナップルなどに多く含まれるクエン酸
いわゆる酸っぱい成分であるクエン酸は腸の蠕動運動を促進する働きを持っている栄養素です
腸の動きを活発にして便秘を解消してくれます

ビタミンE

緑黄色野菜やグレープフルーツなどに多く含まれるビタミンEは老化の原因である過酸化脂質が生成されるのを防ぐ効果がありアンチエイジングの為にも良く活用される栄養素
そのビタミンEにも腸の蠕動活動を促進する働きがあり、便通改善に一役買ってくれます

 

 

綺麗に痩せるためには腸内環境を良くするのは常識です
単純にカロリーを減らすだけではきれいに痩せる事はできません

 

グリーンスムージーは腸内環境を良くし、低カロリーでおいしいとたくさんのメリットがある食品というわけなんですね♪