グリーンスムージーを使ったダイエットは効果が無い?その真実とは?

本当にグリーンスムージーダイエットは効果が期待できるのでしょうか?

 

 

日本や海外でも人気の高いグリーンスムージーは、
ダイエットや美容効果があると非常に流行っていますよね。

 

 

その一方で『グリーンスムージーは効果が無い』という声もあります。
どんなダイエット方法でも効果が『あり、なし』と分かれてくるのは
一体その違いは何なのでしょうか。

 

 

効果が『あり、なし』の分かれ道とは?

単純に食べすぎ

グリーンスムージーダイエットの効果的な使用方法は基本的に
普段の食事を置き換えることです。
スムージーに限ったことではなく、ダイエット食品を活用して失敗している方は
通常の食事+ダイエット食品と両方摂取して食べ過ぎている事が
多かったりします。
グリーンスムージーは低カロリーなのですが、当然他の食事を
食べ過ぎてしまったら効果は出にくいです。

好転反応

スムージーを摂取すると一時的に腹痛、頭痛、便秘、下痢などの
症状が現れることがあります。
これは好転反応と呼ばれている症状で、体が
改善へと向かっている途中に出てくるものです。
スムージーで挫折する方はここで止めてしまう方が多いようです。

 

フルーツの入れすぎ

グリーンスムージーは野菜だけでなくフルーツも取り入れることができるので、
青汁とかと比べるととっても飲みやすい食品です。
しかし、フルーツにも糖分が含まれえているので多く摂りすぎると
当然太ってしまいますよね。
フルーツの取りすぎで効果が無かった方も多くいるようです。

 

冷しすぎ

ダイエットに関わらず私達女性に大敵なのが『冷え』です。
スムージーダイエットは冷しすぎないことが大切で、なるべく
常温で飲むのが理想です。
夏に多いことですが、冷えたグリーンスムージーをたくさん摂取して
内臓が冷え機能が低下する…なんてよくあります。
このような現象を起さないようにする事が肝心になってきます。

 

 

効果がある人と効果が無い人の違いは、グリーンスムージーの事を
理解しているかどうかの違いだけだと思います。

 

 

○○さえとっていれば安心!大丈夫!
という事でわなく、
○○はなんでダイエットの効果的なのか?
やり方や使うポイントは何なのか?
このような部分の知識を付けて実践していけば、
スムージーダイエットは誰にでも効果的なダイエット、美容習慣になるはずです。

 

 

このサイトでもグリーンスムージーの効率的で正しい活用方法を
しっかりと書いていますので是非ご覧になってください^^