グリーンスムージーの好転反応とおすすめできない人の特徴とは?

 

グリーンスムージーを飲み始めてから体調が悪くなった人もいるようです。
例としては、頭痛、下痢、便秘、眠気、吐き気、肌荒れなど…
実はグリーンスムージーを摂取してこういった症状がでることは実際にあるんです。

 

『じゃあ、このような症状が出る人にはグリーンスムージーは合わないって事?』

 

違います^^
むしろそのまま継続することで体質の改善ができると言うことです。

 

その理由として、グリーンスムージーの好転反応と呼ばれる働きがこのような症状を
引き起こしているのですが、人によってまったく出ない方もいれば始めてすぐ出る方もいます。

 

この好転反応の知識がない方は、そこで諦めてしまっている方が多いんです。

 

スムージーダイエットで体調が悪くなった…と言う方は好転反応の可能性が高いです。

 

例えば、スムージーダイエット中の便秘などに関してはいえば
現代人は加熱処理された加工食品を摂取する生活が習慣化しているので
腸の筋肉が衰退している人が多いです。
腸の働きが弱まっている状態では食べ物をどんどん摂取する事で押し出す形で排便します。
しかしグリーンスムージーは水分がほとんどの為、押し出す形での排便だと排出され難しくなるのです。
腸の働きが正常に戻るためにグリーンスムージーを摂取するのですが、正常になるまでの
期間が当然あると言うわけです。

 

グリーンスムージーは内臓の正常化を助けてくれる食品なのですが、
普段の食事が悪く胃腸が弱っている方に関しては好転反応が出やすいです。

 

しかし、好転反応が出るのは一時的な事です。
グリーンスムージーダイエットにはデトックス効果があるので、
毒素を排出してくれる効果があります。
これを忘れてはいけません。

 

吹き出物など肌荒れに関しても体に溜まっていた毒素が
排出されている状態だと認識してください。

 

グリーンスムージーを摂取する

デトックス、胃腸の正常化の間に
好転反応が出る(この段階で諦めてしまう方が多い)

体の腸内が綺麗になって
それが外側に現れる(美肌、整腸)
酵素の働きで代謝が上がり
低カロリーな食事でダイエット効果♪

 

 

勉強や仕事でもそうなのですが結果は後からついてくるものですよね。
早くて数週間で遅くても1ヶ月3ヶ月くらいで体感はできると思います。

 

また、好転反応が始まった時は体をゆっくり休めるようにして
グリーンスムージーダイエットを継続してください。

 

症状がおさまると、徐々に肌や腸内の調子が良くなってきていることに気がつきます。
症状がずっと治らない方に関しては病院での相談が必要ですが、
ほとんどの場合は好転反応だと思っておいてください。

 

グリーンスムージーが合わない方でこんな方は注意!

そんな商品でも合わないもの合うものは当然あります。
なのでグリーンスムージーもどうしても合わない方はいます。

 

・持病がある方
・食品アレルギーが多い
・胃腸が弱い方
などです。

 

持病がある方に関しては医師に必ず相談することをおすすめします。
胃腸が弱い方に関しては、量に気おつけて自分に無理のない分量を考える事が必要。
もちろん胃腸が弱い方にもグリーンスムージーの効果はありますし、むしろそういった方に
飲んでもらいたいダイエット食品です。
食品アレルギーの方に関しては、めんどくさいかもしれませんが自分が把握している
食品をスムージーに入れないようにしてください。

 

人によっては合う合わないが当然ありますよね。
グリーンスムージーダイエットによって自分の体の変化を
体験出来ることが実践してみる1つのメリットでもあります。

 

1度グリーンスムージーダイエットで自分の体と向き合ってみてはどうでしょうか^^