グリーンスムージー習慣はコレステロール値を下げる?

 

グリーンスムージーは美容やダイエットだけでなく様々な健康的なメリットがあります
その一つがコレステロール値を下げると言うこと

 

特に中年以降の男性に多いコレステロール値の異常
健康診断などでコレステロール値や中性脂肪値が高く、生活習慣、食事内容を見直そうと考えている方は多いと思います
グリーンスムージーは男性にも人気の健康習慣ですが、健康的な部分を理由に始められる方も増えています

コレステロール値とは?

コレステロールとは血液の中にある脂質の一つです
血中にはコレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸が溶け出しており、それぞれ体に必要な役割を担っています
コレステロール事態に悪いイメージを持たれている方もいるかもしれませんが、コレステロールは細胞膜やホルモン、消化液などの原材料となりますので体には必要な栄養

 

しかし、コレステロールは一般的に善玉(HDL)、悪玉(LDL)に分けられ名前の通り悪玉コレステロール値が高くなると体に悪影響が起きます
・善玉コレステロールは血管に残ったコレステロールを回収する役割を持つ
・悪玉コレステロールは血管にコレステロールを運搬する役割を持つ
と働きが分かれているのですが、悪玉コレステロールが増えると血管への運搬が過多になり、コレステロールが原因で血管が詰まってしまうわけです

 

コレステロール値に気を付けなければいけないのは【血管がかなり詰まってからでないと自覚症状が無いから】です
実は血管の詰まりが7割程度になるまで、めまい、動悸、頭痛などの自覚症状が無いと言われているのが動脈硬化の怖いところです
加齢による内臓機能の低下、食習慣や生活習慣の乱れによっていつの間にか病気は進んでいき、急に症状が表れる…なんていうことは珍しくありません

 

コレステロールは食べ物からだけでなく、体内でも生成されており食べ物からの摂取量が多くなると体内での生成量を少なくするなどの機能が人間には備わっていますが食の欧米化、、ストレス、生活習慣の悪化によって調節機能が間に合わず体内に大量のコレステロールが溜まり、自覚症状があまりないので中々正す事が出来ない方が多いので厄介


グリーンスムージーでコレステロール値が下げる理由

 

コレステロール値を正常な値にするためには生活習慣、食習慣を変えなくてはいけません
原因は喫煙、暴飲暴食、飲酒、遺伝的要因、肥満、糖質過多、脂質過多などです

 

生活習慣の改善は手軽にできる事から始めるのが鉄則で、あまりに急激に習慣を変えるとそれはまたストレスになります
グリーンスムージーは手軽に様々な栄養素を摂取出来る為、乱れた食習慣を正すためにはもってこいの存在♪

 

グリーンスムージーがコレステロール値に与える影響は3つあります^^

コレステロール値を下げる

コレステロール値を下げる為に効果的な食べ物は青魚や野菜、豆類、海藻などが代表的です
青魚に含まれ鵜r不飽和脂肪酸は悪玉コレステロールを下げ、野菜類に含まれるビタミン、ミネラル、食物繊維などもコレステロールや中性脂肪の吸収を抑制、分解、排出してくれます
1日に必要な野菜の量は約350g程度ですが、ほとんどの日本人はこの量に足りておらず野菜不足になっています

肝臓を強化

体に蓄積されたコレステロールを分解する働きがある肝機能を強化する事もコレステロール値をよくする為には欠かせません
葉野菜に含まれるスルフォラファン、ビタミンC、E、抗酸化作用があるクロロフィルにも肝機能を高める作用があります

食べ過ぎを防ぐ

食物繊維を食前などに取り入れる事によって血糖値の急激な上昇を抑えたり、食べ過ぎを防ぐことが出来ます
腹八分目は健康の基本で、咀嚼回数が少なかったり、食物繊維不足によって栄養の無い食べ物を食べすぎる事がコレステロール値が高くなる原因
グリーンスムージーの中にはグルコマンナンやサイリウムなどの腹持ちを良くする性質を持った食物繊維が含まれている為、ストレスなく食べ過ぎを防いでくれます

 

グリーンスムージーは粉末タイプであれば一杯あたり100円前後の物が多く、忙しい時でも10秒程度で作る事が出来ます
どれだけいい健康習慣でも継続しなければ意味がありませんので美味しくて継続しやすいグリーンスムージーはおすすめ♪

 

コレステロール値がすでに高い、高くなることを予防したいと言う方はスムージー習慣を初めて見てはいかがでしょうか^^